おかしなタイトルですねw 【これで営業マンはウダウダ】って。これは何が伝えたかったかと言うと、簡単に交渉術ですね!僕が行った交渉方法をやると営業の方はウダウダになる!っていうことですw 別に嫌らしい方法ではないんですけど、僕がやったフリード交渉術を教えちゃいますね。
まずはライバル車の見積りを一通り出してもらいました。特に深い値引きとかの交渉はしない状態のものです。同じような車だと新車価格自体も似通っていますので、大体同じ総額になります。オプションなどのレベルも同じぐらいにするとほとんど総額は変わりませんね~。
それからある程度の値引き交渉を二回目として行いました。この段階ではお互いが探り合いのようにもなりますw デモ一発目の値引きは大体この時点でわかりますね。あとはもっと余裕がありそうなのか?それとも値引き自体が厳しい車なのか?と言った事をさらっと聞きだします。
その時に重要な事は、条件さえあえば買う!という姿を見せておくことです。これだけでこちらから出向かずに営業の人が勝手に擦り寄ってきますので。ここがとっても大事なポイントです!自分から出向いたりすると、そんなに欲しいんだ?と思われてしまいますので、意外に値引きを出してくれずに商談を進められます。強気な態度ってところですね。
でもきちんと買うんだけど、それをあなたががんばってくれたらね!という態度を見せ付けておくといろいろと考えて提案をしてくるようになります。ここからですね、勝負は!土日とかに営業の人から連絡が入るようになったり、訪問をしてくるようになったらこっちのもの!w 営業の人は僕に車を売りたがっているのです。
こうなってくると値引き交渉もかなり優位な立場で進める事が出来ますね~、だって車を売りたいんですもんw こっちもきちんと話を聞いてあげて、こっちの要望も伝えて。そうするとどこかのタイミングで【どうしたら契約をしてくれますか?】というクロージングが来ます。そうなればこっちのもんです。ちょっと無理だろうな~と思うような条件でも素直に伝える。そうすると営業の人はどうにかして契約をしてもらいたいので考える。自分の力では無理なら上司に相談をしようとする。これでもう勝ったも同然ですw 一番のポイントとしては自分から攻めないという事ですね~。
相手から攻めさせる事が出来れば、まずこちらの条件は通ると思っても良いと思いますよ!最初は自分から、そして二回目、三回目は相手から。この流れを作っておけばまず新車は安く買えると思います!